2006年11月20日

戦争終了、お疲れ様でした

久々の参戦(DFを除きますとなんと100日以上!)ではあったのですが
相手方の領地の数の都合により、
守備兵すらLv3という状況ではせっかく新調した武器も宝の持ち腐れ・・・
だと思っていたのですが。

相手の人数を意識した方々による欠席が相次ぎ、
あわや学級閉鎖というほど出場数が少なかった戦争だったため
(極端な人数差にはならなかったため、準備不足の方が「よかった〜」といってましたが(笑)
かなり少人数同士の戦闘になっていました。
・・・人数が最大10人とはいえ
やはりあまり少ないとちょっと寂しいところですが・・・仕方ないですね(汗

必然的に個々の負担は増えても、デュエルの機会はそうそうないと思ったのですが。
運と移動、そして作戦の都合などによって
なんと2戦(日数を考えれば十分多いでしょう)も、
それぞれ別な方と対戦することが出来ました〜exclamation
やはり多くの方と戦うのは夢ですよ、夢(笑


今回の戦争で、やはり気になったのは
以前よりも各砦に対するアプローチが難しい事、でしょうか。
女神砦だけに執着して(というか、勝手にしている国が多いだけでしたが)いても
他を取られてはデルタを作られてしまう現在の戦争に置いては
砦を奪いあう際の戦い方は前と共通であっても
狙う砦、無視する砦の取捨がかなり頭を悩ませる問題でしょうか。

前ですと周囲3箇所を失っても、役さえなければ制圧率差で勝てましたが
今回はそうも行かないので、必然的に終盤ほど奪い合いが激化しますね……
兵器の読みが最後に外れていたら負けたと思いますし、大変でした〜……あせあせ(飛び散る汗)
今回は最終日になるまで最後の最後に笑う者はどちらか!
といった展開だったため、特にそういう印象がしましたね・・・。

ただ、なぜ最終日にあちらが勢力兵器だったのか今も謎なのですが(汗
まさかデルタのことを忘れていたのでしょうか・・・。


(それにしても、色々とバグがあったり久々に延期があったりと
 珍しく混乱が大きかったような(苦笑
 制圧率と勢力を足した表示が出来たのはよかったと思います)

さて、今回出ていなかった方々は力を持て余していらっしゃるようですし
今度の武道会は賑やかになると・・・いいですね〜・・・(前回よりは多い、筈!


なお勝利記念なのかは不明ですが
アーゼル国内ではレクえりまきなる商品が
特にグラリルで大量に売り出されているようです。
可憐なレシル様に倣って冬場のおしゃれに最適・・・と、
なぜかそんな宣伝文句で錬金工房主導で量産をしているとかなんとか・・・。

ちなみに本物と違って、食費はかかりません(ぁ
posted by エナニス at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。